読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

何がしたいかわからない時に読み書きするもの

人生って何、自分は何がしたいんだっけ、あれ、仕事って何のためにするんだっけ、って思った時に読み書きする文章

崇高な美学を持つということ

 私は学問が好きです。それはある程度「真理」として残り続けているものだからです。「誰が言った」とか、そういうことはもはや論点として消失し、「これは宇宙の真理である」という形で残り、そしてまた新しく鍛冶打ちをされ、そうしてより深い、高い心理に近づいていくのだと思います。

 そういう意味で、、、仕事に美学を見出すということが非常に重要だと最近思います。美学を目指し続けられることというのが、最も仕事、生きることそのものに、高い価値を創出できると思います。

 三角形は何をもって三角形なのか。コンサルティングとは何をもってコンサルティングなのか。ダンスとは何をもってダンスなのか。音楽とは、何をもって音楽なのか。

 そこに強いImaginationを持ち、それがイコールその人にとっての美学であり、それをEmbodyするための強い力があること。

 何がやりたいかわからなくても、不明瞭でも、それを何度も繰り返しても。

 自らが強くイメージができるものに対し、ただ、しつこく向かうこと。

 私にとっては。