何がしたいかわからない時に読み書きするもの

人生って何、自分は何がしたいんだっけ、あれ、仕事って何のためにするんだっけ、って思った時に読み書きする文章

インパクトを見える化「させたい」ニーズは、どこからくるのか

前回、インパクトを見える化「する」ニーズはどこからくるのか、ということで、いくつかの能動的・受動的なニーズがあることを書いた。今回は、行政や資金提供者が、なぜインパクトを見える化「させたい」ニーズが果たしてどこから湧いてきているのかを、考えてみたい。

例えば、実際の事例として、最もわかりやすいのは、休眠預金。休眠預金は、これから開始するけれど、助成先はかならず「社会的インパクト」の評価が求められることになっている。このニーズは、どこからくるのか。それは、法案がとおって、それでも公益事業に使うことに反対する人もまだまだいて、日本では非営利的な事業にまだまだ理解が浅く、いわゆる銀行に預けられている個人のお金=国民のお金、を変に使われないか、監視するため、といっても過言ではない。成果をより高めるために、事業改善のために、というような文言はもちろん書かれているが、そもそものニーズは、説明責任、国民から批判されないため、というのが一義的に一番大きいと思う。逆に、国民が成果の向上を求めるか、というと、そうでもない。彼ら(我々)は、本来自分のお金だったはずのものが、不正に使われることを恐れているのである。行政の資金における評価も同様に説明できそうだが、実際は、行政の事業に対して、インパクトの説明責任を求める国民はそんなに多くないのではないかと思う(自らの預金という感覚はまだしも、税金がどう使われているかについては、無頓着な国民が多いように感じる)。政府や行政が、将来的に国民にとやかく言われないために、先んじて手を打っているというケースは考えられる。これらはまとめると、結局のところ、資金の出し手への、説明責任、ということになると思う。

それから、行政に特化して考えると、資金配分の効率化ということは考えられる。限られた財源がさらに先細りしていくという現状の中、お金という尺度で測りきれない事業を、なんとか評価して天秤にかけなくてはならない。そのために、効果の高い事業を知りたい、インパクトを見える化「させたい(この場合はしたい、とも置き換えられる)」ニーズは生まれると考えられる。行政以外にも、限られた寄付金や助成金の中で事業を実施する非営利団体でも、同様の方向性が考えられるだろう(現状そういった非営利団体はあまりないと案が得られるが)。

次に、「本気で成果向上のため」という場合もある。わかりやすいのは、インパク投資ファンドにおけるインパクトの見える化。社会における課題解決を、ある意味ファンドマネジャーという特定の個人が成果向上、本気で社会課題解決を投資先にさせるために、インパクトの見える化を「させたい」というニーズが生まれる。これは、まだまだ数は少ないが、こうした公益志向をもった個人が、今後徐々に増えてくるのではないかと思う。

最後に、残念ながら「ただなんとなく、そういう流れがあるから」という場合がある。欧米でそういう潮流があるから、可視化をすれば、インパクト投資という名前を使って、従来の投資やESG投資と差別化し、新たにプレスリリースを打つことができる、など(一方で、成果の可視化をしなくても、インパクト投資と呼んで、プレスを打っているケースもある・・・)。行政でも、なんとなく、そういう流れが欧米であるから、という場合もある気がする。

まとめると、
①資金の出し手の成果の確認・監視
②資金活用における効率化(特に行政)
③本気で成果向上のため
④ただなんとなく
という4つのインパクトを見える化「させたい」ニーズがあると考えられる。書いてみてわかるが、インパクトを見える化「したい」ニーズとも重なることは多いと思う。今後、①、②、③のニーズは、いずれも高まっていくのではないかと考えられる。お金が潤沢にあり、みんなが潤っていれば①、②は弱まる可能性がなくはないが、③の志向を持つ人は、ある程度自己実現がしやすくなっている世の中の構造からいって、いずれにせよ多くなる気がしている。

社会的インパクトを見える化するニーズは、結局どこからくるのか

仕事の上で、社会的インパクト、ということをよく話す。おおむね、社会にとって良い影響のある事は何かを追求し、悪い影響のあることを減らし、より良い社会を作っていくための要素を考えよう、という概念である。この「社会的インパクト」を見える化したい(又は言語化したい)というニーズが、営利非営利問わず、最近高まってきていると思う(単純に言えば、社会的インパクトに関する評価を事業とする私たちの会社に対して、オーダーが増えてきている)。自分たちの組織や事業が、何をやっていて、それが社会にどのように影響を及ぼしているかを、明らかにしたい、というニーズである。社会的インパクトを改めて見える化することは、タダではない。資金を投じてまでやりたい、というニーズはどこから来るのか。実経験に基づいて言うと、「組織レベルで」ニーズが生まれる理由は大まかに言って、3つあると思う(注:教科書的なよく言われる”評価”目的の話はさておき、実感に基づいてまとめている)。ちなみに、「(組織の中にいる)個人レベルで」ニーズが生まれる理由はまた別にあるので、追って整理する。

1つは、資金調達やロビーのため。これは非営利組織からのニーズが多いと思う。「社会に対してこれだけ良いことをやっている」というのを、「わかりやすく」(文章をダラダラ書くだけではなく)見せることで、より寄付や助成金を集めやすくする、というものだ。当たり前ながら、非営利組織はその大義をもって資金調達を行っているケースが多いので、よりよくインパクトを見せることができれば、資金もよりよく集まるんじゃないか、という期待である。営利組織に関しても、多くはないが、資金調達のため、というのがある。多くの株主は「インパクト」を求めて投資しているわけではないので、一部上場の大企業が一義的に資金調達のためにインパクトを見える化したい!ということは少ない(というか見聞きしたことはない)が、ベンチャー企業等がいわゆるインパクトを求めて会社に資金を投じる「インパクト投資」を求めて、社会的インパクトの見える化を求めるケースがある。また、大企業においてもESG投資やインパクト投資の流れから、社会に良いことをしている方が、していないよりは、資金が集まりそうだよね、くらいの感覚はあるのだと思う(実際にその方が資金調達がしやすくなるという根拠は今のところないと思う)。お金がなければ事業を持続的に行っていくことはできない。まず、お金を集めるために、自分たちのインパクトを見せるのである。とてもわかりやすい、能動的な動機だと思う。

それから、説明責任・広報のため。これはどちらかというと営利組織からのニーズが高い。大企業においても、CSRCSVといった流れから、株主からも社会的責任が問われ始めている。社会に対して良いことをやっているのである、ということをよりわかりやすく明示することは、企業においても重要になってきている。言われるから/求められるから、やらざるを得ない、という場合もあるが、企業においてはどちらかというとそう言った方が(資金調達につながるかどうかはわからないけれど)Coolだから、みたいな能動性もあると思う。また、非営利組織に関して言えば、助成金をもらった先から評価結果を出してと言われる、行政の補助金をもらっているけれど、評価しなくてはいけない、などの受動的な動機が多い(寄付者は元々組織のミッションやイメージに共感して資金提供しているので、わざわざインパクトを見せてほしい、という強いニーズは少ない)。また、営利組織にしても非営利組織にしても、外部から求められていないのに、人的・金銭的リソースを投じてまでポジティブかネガティブかもわからない、社会的インパクトを見える化しようとするのは、資金に余裕があるか、よほどそういったことに関心がる、という感じがする。

最後に、組織で働く人材のためである。これも営利組織からのニーズが高い。営利組織で社会的インパクトを見える化したい、というオーダーがあるときには、結構このニーズはあると思う。要は、企業のために頑張って働いている人がいっぱいいるんだけれど、なんで働いているんだっけ、企業が目指すべきことって何なんだっけ?とわからなくなってきていて、いわゆるミッションを再度定義するために、社会の中での役割を再認識したい、というところから来る能動的なニーズである。実は自分たちのやっていることって、こんな社会的意義があるじゃないか、という再発見の旅に出て、組織で働くモチベーションを上げる、という効果がある。実際、ビジネスコンサル的な視点ではなく、こうした「社会の中での意義」といったところから紐解くプロセスは、(お金を稼ぐということを抜きにして)なぜ働くのか、という大きな問いに少しでもヒントを与えてくれるので、意味があると私は思っている。非営利組織では、本来は社会的意義というのが明確なはずなので、改めてお金をかけてまでこうした価値を見える化する必要があるかと言われるとそうでもないケースが多いとは思うが、ミッションが揺らいでいたり、再編を問われているような事業の場合には、こうしたニーズが生まれると思う。なぜ人が働くのか、組織が存続する必要があるのか、そうした問いに答えたい、というニーズである。

弊社に依頼が来る場合、こうした3パターンのニーズがあると思うのだが、よく言われるよりインパクトを高めるために」インパクトを見える化したいのです、というニーズは、組織としては実はまだないのではないかな、と思う。そもそも現状把握ができていないということもあるが、インパクトを高めることが組織の存続性を高めることにつながるという実感が、まだないのだと思う。例えば、多くの非営利組織は、日々、そもそも肌感覚で、インパクトを感じ取っている。組織で働く個人は組織のミッションに共感して働いており、みな口を揃えて「こんなに良い事業なのである」ということの方が多い。だから、わざわざお金を払って、自分たちのインパクトを見える化して、現状把握するインセンティブはそんなに強くない。「組織として」自分たちの健康状態をお金を払って把握したいという組織は、よほど潤っている組織か、かなり意識の高い組織に限られると思う。とはいえ、非営利組織ではこういったニーズが生まれる可能性は高い。事業実施で肌感覚のインパクトが感じられなくなっている場合、インパクトを見える化し、事業そのもの、組織そのものの改善に役立てたいというニーズは生まれるだろう。そして、インパクトの向上が組織の存続につながっていくという想像もしやすいはずである。営利組織においては、利益の追求のための資金投入は可能だろうが、インパクト向上のため、ましてやインパクトを向上したところで利益につながるかわからないものに、リソース投入はしづらいだろう。組織存続につながるかがわからないまま、投資することはかなり難しいはずである。

今、社会的に良いこと、社会的インパクト○○の世界観を進めていくアプローチは2つあると思う。1つは、エゴと公共善を結びつける方法である。公共善を追求すれば、おのれも儲かる、得する、という世界観を作り上げるということ。インパクト投資という世界で語られる、インパクトを追求すれば利益追求、組織の存続も可能になる、というようなロジックを作ることだ。もう一つは、とにかくエゴを解脱して、公共善に向かうのが当たり前なのだよ、という世界観。それぞれの組織が社会の利益のための責任を果たすのは当たり前で、それをやってないなんてカッコ悪いよね、という世界観である。こういう組織・人たちも一定数いるが、お金が全て、みたいな考え方の人の方が圧倒的にまだ多く、今後そちらの方がしばらくは多いんじゃないかなと思う。なので、こうした世界観で社会的インパクト○○の世界観を進めていくには、制度化する、義務化するといった方向性が早いと思う。税控除が得られるとか、上場したら必ず報告しなければならないとか。休眠預金では、受け取る団体が評価を義務付けられているので、一つこういった方向性なのかなと思う。

色々述べたが、個人的に、社会的インパクトの概念が本質的に広がっていくために最も可能性があるのは、「組織の人材のため」に見える化するニーズなのだと思う。これは、組織の社員エンゲージメントを高めたいというエゴと、実際に、社員一人一人がそのプロセスを通じて、公共善に向かう意義がある仕事をしているのだ、というエゴを解脱する体験をできるからだ。インパクト向上のためにインパクトを見える化する、という世界観はまだまだ遠くても、インパクトを見える化するプロセスを通じて、一人ひとりの働くことへの意識向上、意義を見出すことには貢献でき、それがより大きなインパクトを生み出すと考える。

 

生きるとは

生きるとはなにか

かんがえることだと

ときどき、休みながら

ときどき、話しながら

かんがえている

その瞬間に、小さな点に向かってからだが全部、吸い込まれそう

その瞬間に、世界が全部、ひっくり返って、真っ暗になりそう

でもそんなことは、おきなくて

ただ、白い天井と、スマホの画面

ただ、汚れた道路と、つま先の尖った靴

ただ、たくさんの恐怖が渦巻く記事と、呑気なランチの写真

ただ、広く広がる海と、分別されていないゴミ箱

わたしたちは、見聞きし知る

わたしたちは、なにもみず、なにもきかず、そしてなにもしらないまま、死ぬ

わたしたちは、それでも、いきる

今がかけがえのない瞬間という実感を得、情熱を燃して生きる

今日、仕事仲間が、病気で1週間入院することを聞いた。衝撃だった。体調が悪い時があるということで、心配していたのだが、手術入院するということは、若い方ということもあり、そうか、という何とも言えない気持ちになった。その瞬間、自分の夫(仕事を一緒にしている)がより多くの仕事をサポートしていく必要があることも知り、自分が産休がゆえにみんなに負荷をかけている中での動きということもあり、あぁ、もっと自分もしっかりしなくては、と改めて思った。人に、知らず知らずのうちに頼っていて、そして、それが当たり前と思っていたことを恥じた。これで夫が倒れたら、などと考えると、とてもやっていけない。「何がしたいかわからない」などと言ってはいられないのである。ただ、生きることに突き動かされる感じを、今日の話をきっかけに、がつんと受けたのである。

誰かいつもいる人が、急に余白になってしまうことを突き付けられて、色々が当たり前で幸せであり、逆に、そうした状況下では、自分がえいやっと情熱を燃してはいないような感覚もあった。今「ある」が急に「ない」となることで、焦り、おそれ、そして勇気が湧いてきて、えいやっと自分がもっと情熱を燃して生きるような感覚を、不思議にも得たのである。

今がかけがえのない瞬間で、今を積み上げて生きるのであるが、そうした実に迫りくる感情は、今がなくなるという実感を得なければ、本当の意味では難しいのではないかという風に思うのである。「何がしたいかわからない」などと言っていられない、何がしたいかではなく、「今生きるしかないのである」というこの勇気を得た今日を、忘れずに、周囲に感謝しながら、情熱を燃して、自分のために、周りの人のために、地球の中の一つの生命体として、生きていきたい。

あらためて、日々生きるとき、歓喜と、人のつながりと、自然環境に向き合いたい

今30代前半。人生100年時代とか言われるけれど、私は80歳そこそこで、元気なうちに、ぴんぴんころりしたいと思っている。というか、何歳で死ぬかはあまり関係なく、毎日実直に生きて、気づいたら、いつでも、ころり、と死にたいなと思う。

日々、実直に生きる上で、何に取り組みたいのだろうと思うと、それは、歓喜と、人のつながりと、自然環境だなと思う。

瞬間に焦点を当てると、音楽やダンスをするときの、歓喜に勝るものはない。そして、それがあれば、人は孤独でも、孤独ではない。空想の世界、ともいうけれど、そうした世界を切り拓ける、精神世界をもてることは、人として生きる上でとても強く、美しいと思う。私には、そうした歓喜の世界がなければ、実際、今生きていなかったのではないかと思うことも多い。私自身も、周囲の人も、特に新しく生まれてくる、成長していく子どもたちのために、歓喜の世界を知る、持ち続けることに貢献していきたいと思う。

そして、人のつながり。これは、私自身もそうであるが、社会問題として、歓喜の瞬間を見いだせないのに加えて、人とのつながりを持っていない人が、悲しい今を生きることが多いと感じているからである。リアルでも、バーチャルでもよい。できればリアルで、ぬくもりを感じられるようなつながりがあればよいと私は思うが、とにかく人とのつながりがあれば、いたずらに自分自身や、周囲の人を傷つけるようなことはなくなるはずである。人とのつながりを持たぬ人が、おのれの精神世界を保てなくなる時、自分自身や、周囲の人を傷つけることほど、悲しいことはないと思う。こうした人が少なくなるよう、より多くの人が少しでもつながりをもてるように、貢献していきたいと思う。

それからもう一つは、個人の歓喜の世界、身近な人とのつながりに加えて、まったく広い自然環境に向き合いたい。インドでは50度を超える暑さだとか、ロシアでは氷上から都市に白熊が下りて来たとか、沖縄のサンゴが白化するとか、そんなニュースをたくさん聞くようになった。私が幼少の頃から注目を集めてきた地球温暖化とか、環境問題が、いよいよ現実のものとなって、私自身も何もしてこなかったことを反省している。ビニール袋はもらわないとか、ストローは使わないとか、ごみは分別するとか、環境に良いことをしていない企業からはなるだけものを買わないとか、そういったことしか今はできていないが、少なくとも、今後日々生きていく上で、沖縄の美しい自然を保全するという狭い視野を基盤に、広く地球環境に向き合って貢献していきたいと思う。

瞬間瞬間を生きる中で、3つとも今の仕事や研究内容でアプローチしている。今は産休中で、あまりフルコミットできていないと思う。子どもが生まれたら、時間の使い方が変わるという。もっと、この3つにフォーカスし、向き合って、生きていきたい。

今を生きること、それができること

仕事柄、目標に向かって、何ができるかを考えましょう、ということを行うことが多い。そして、今やっていることを踏まえて、どのような成果が出るのか、どのような成果を目指したいのかを考えましょう、ということをいうことも多い。特に、社会にとって意義のあること、大義があることに向かってどうしていくかを考える、ということがほとんどである。

政治哲学の本を読んだ時に、バックキャスティング的に考えることは絵空事、多様な関係者の納得できる点を見いだせなくなるので、今ここにあるものから考えていく方法の方が、合理的だということが書いてあった。一方で、最近はやりのSDGsでは、ゴールに向かって、とにかく将来目指すものから逆算して考えることが重要だという人もいる。

 自分の人生に置き換えて考えると、改めてどちらも大事だなと思う。目指しているイメージがあると今やっていることをより頑張れる時もあるし、今やっていることに集中するからこそ、次の道が拓いていくこともあると思う。そして、最近気づいたのは、特に今ここでできることにとにかく集中することの大切さだと思う。どんなに理想を描いていても、今行っていることが苦しいと続かないこともある。その理由だけでもない。今に集中していると、本当に、思いがけず、広い道が拓けることがとても多いように思う。何がしたいかわからないのであるが、今することがあるのは大変にすばらしいことである。そして、今生きているという抗えない現実を前にして、今何かをするとは、生きることそのものである。もし、無目的に、何か集中してできることがあるのであれば、それは美しいことである。

私は今、幸運にも、妊娠という期間をとおして、この、無目的に何かに取り組める時間があると感じることが多い。とにかく、歩く。とにかく、食べる。とにかく、読む。とにかく、書く。とにかく、描く。何につながるかは考えていない。なりたい自分が将来にあるのではなく、なりたい自分は今、この自分である。でもそれは理想だとかそういったことではなく、丸裸の、ただ一人の人間としてここにある、という実感である。

今日、岡本太郎記念館に行った。散歩が一つの目的でもあったのだが、よく調べずにいったら、太郎賞を受賞した「さいあくななちゃん」が公開制作を行っていた。壁一面の作品と彼女を、太郎の作品と共に見ることで、今、ここに生きる、(太郎は爆発・歓喜という言葉を使うが)という瞬間をつかみとったようだった。彼女の受賞作はこの5年間の作品をインスタレーションしたものであったが彼女の5年間は太郎賞を受賞するために積み上げてきたものではない。そこには彼女の今、イマをとにかく積み上げた苦悩と一体の歓喜が、あるのだと思う。

何かを目指して積み上げているものは、往々にして、それ以上になりえない、というよりも、今をないがしろにしてしまいかねない。今を生き抜くことに、全てがあるのではないかと思うのである。そして、今を生き抜くことができることが、実はとても特別なことなのかもしれない。

おなかの中にいる赤ちゃんが教えてくれること

もう臨月で、これから生まれてくる赤ちゃんのことをよく考える。
そして、出産後の自分の人生が変わっていくだろうなということもよく考える。

日本の友人や先輩はよく、「赤ちゃんが生まれると(自分の時間も無くなるし)大変だよ」というネガティブな話ばかりするので、きっと自分の時間がとれなくなるのだろうな、と思ったりもする。
一方で、一部の人や、海外の友人等は、「赤ちゃんが生まれると大変なこともあるだろうけど、楽しいことがたくさんあるよ」とおめでとうの気持ちをたくさん伝えてくれる。そして、私はあぁ、本当に幸運に恵まれていて、これからが楽しみだなぁと思ったりする。

いずれにしても、自分にとっても、これから生まれてくる尊い命にとっても、美しい、歓喜あふれる時間の使い方をしたいとより強く思うようになった。

特に強く考え直しているのは、やはり仕事。

https://forbesjapan.com/articles/detail/27585

Forbesの記事で、37%が仕事の意義を感じない「Bullshit Jobs」があるのだ、というものがあったが、私の仕事は果たして本当に意味があるのか改めて考えさせられた。

行政機関のコンサルや、公益事業の価値の見える化などを実施しながら、「社会に良いこと」は何かを考える仕事は、すごく意義のあることのように思えるけれど、単なる自己満足で、あるいは単なるおままごとなのかもしれない、と思うこともある。拡張して考えれば考えるほど、世の中に存在する多くの仕事が、実は全て茶番なのかなと思ったりもする。

そこでまた立ち返るのが、岡本太郎の言葉だ。

「人生、即、夢だ。」
「一日中、精神を燃やしつづけている。」
「ぼくは現在、この瞬間瞬間に賭ける。」
「いまここで爆発するんだ。」
「純粋な心をごまかさないこと。」
「たいていの人は、成功しないとガッカリする。でも”成功しなくていい”ということを前提にやっていれば、なんでもないだろ?」
「一年の計ではなく、一生の計は、三百六十五日毎日毎日、自分の存在の前にあることを知るべきだ。」

私は今の仕事は好きだし、やりがいもあると思っているけれど、突き抜けて考えると「成功したい」という気持ちと無縁ではないと思う。評価されたい、という気持ちが常にどこかにある気がする。自分が一生懸命やっている領域に関しては殊、競争意識も持っていると思う。

私が一日中、精神を燃やせるもの、毎日毎日、自分の存在の前に据えて向き合えることは、なんだろうか。「人生はこう生きていくんだ」というスジはなんだろうか。人の評価を気にせず、危険な道に向かっていくものとはなんだろうか。

こういう考えを、おなかの中にいる赤ちゃんが再びうながしてくれている気がする。積み重ねてきたものや、外聞を一旦全部忘れて、ママが本当に心の中で持っているコアは、これなんだよ、というのを教えようとしてくれている気がする。

私にとって、ダンス(というか勅使川原三郎のWS)の場は、自分のコアとなるものだと知っている。それから、公益について「考えること」と(プロジェクトを回すことではない)、ピアノと、ものを書くこととも、そうだ。これらのことをしているときは、成功したいとか、認められたいとか、誰かのためだとか、そういうことは思わない。自分のためであり、歓喜であり、時間が消失し、人生はこう生きていくんだ、という軸がからだの中心にとおる。そこには人の役に立っているとか、お金を稼げるとか、みんなに認められるとか、そういうことがない。だからこそ、すごく不安になる。ママとしてそれでよいのかとかも考えてしまう。でもこれは改めて赤ちゃんからの声なのかもしれないなと強く思う。

私は未だに「危険な道を選ぶ」ことを人生の中でなかなか実践できずにいるけれど、今、今日から、少しずつ実践していこうと思える。赤ちゃんにも、自分のコアに従って真っすぐに生きていってほしいと思うからである。